コチラからどうぞ

入口はコチラ


輝く極上スベスベシルク肌。翌日差がつく新洗顔
純国産シルク100%の洗顔石けん『天糸の絹珠(てんしのきぬだま)』
世界遺産候補『富岡製糸場』の繭から生まれた洗顔石けん
敏感肌に優しいソフトな洗い心地!
洗うたび肌潤う!
洗うだけで「肌が潤った」「肌が白くなった」と話題の洗顔石けん『天糸の絹珠(てんしのきぬだま)』愛用者の95%の方が満足し、プロのコスメライターも絶賛するこの石けん!その秘密は純国産天然シルク成分にあるんです。明治時代、製糸場(シルクを作る工場)で働く女性はみんな、手が白く美しいと言われていました。それは、シルクの中にあるたんぱく質が、彼女たちの肌を守っていたためです。最近の研究でシルクのたんぱく質が、肌に非常に良く似た性質をもっていることがわかりました。火傷の治療や人工皮膚に使われるなど、医療の世界でも注目を浴びています。その力を充分に実感いただける石鹸が誕生しました。


入口はコチラ

シルク石けん
天糸の絹珠


洗顔石鹸もしくは洗顔フォームは、顔を洗うために必要な洗顔料です。お肌への影響を考えた時に、より肌への負担が少ないのは石鹸とフォームのどちらでしょう。
汚れを十分におとしても肌がつっぱることがないのという面から見て優れているのは洗顔フォームかもしれません。お肌への負荷が少ないのは、洗顔石鹸だとされています。肌の突っ張りが少ないから、洗顔フォームのほうが刺激がないというのは、誤った考え方です。
洗顔フォームのいいところとして、しっかりしたきめの細かい泡を作れることを挙げ、泡が粗いと肌によくないと主張する人もいます。
泡立ちのよさから洗顔フォームの方が洗顔石鹸より肌に優しいと考えている人が少なくないようです。けれども、成分内容をチェックすれば、石鹸が肌に優しいことがわかります。
洗顔石鹸と洗顔フォームは、顔を洗うというくくりで同様のものと受け取られがちですが、本質的には別物と考えた方がよいでしょう。脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウム、そして金属塩を使ったもののみが厳密には石鹸です。合成界面活性剤が高い確率で含まれている洗顔フォームは、石鹸と比較すると肌への刺激が大きい洗顔料であるといえます。石鹸が洗顔時に推奨されるのは、このためです。

SHOPLIST.com by CROOZ

ファッションブランド通販
個性的すぎないベーシックなデザインが◎。コーディネートのプラスワンアイテムとして活躍するメガネです♪マニッシュな着こなしと好相性の1品。
kitson(キットソン)【JULIA PARKER】PPボーダー柄ウッドビーズクラッチViVi通販
トライバルなデザインが大人のCUTEさをアピールするクラッチBAG!ウッド素材のバックルや、ズラリと連ねたビーズでオリエンタルな雰囲気を際立てます◎。サイドから垂れたロゴプレート0フェザーチャームも、さり気ないPOINTに★チェーンストラップ付きでショルダーとしても使えるので、幅広いシーンで活躍しそう◎。カラフルな裏地使いもセンスが光るディテール!内ポケット1つ。